アバター®・リサーフェシング®︎・リビングデリバレイトリー®︎・覚醒した星の文明®︎は、スターズエッジ社の登録商標です。
全ての権利は同社が保有しています。
このサイト上の掲示は私個人の意見であって、スターズエッジ社の立場や意見、戦略を代弁するものではありません。
Copyright chicacothewizard. All rights reserved.
  • chicaco

<源の存在>になる。明確な心理的手順。

最終更新: 2019年8月15日



<源の存在>になる。明確な心理的手順。


意識を扱う時、意識の神秘の扉を開けるには、まず鍵となるダイアル番号が必要です。そのダイアル番号となるのが、明確な心理的手順です。そして、心理的手順から扉を開けるのは、あなたの勇気と正直さにかかっています。


逆にいうと、あなたの勇気と正直さがあっても明確な心理的手順がなければ確信に至らない場合もあります。



もし、子供の頃から「源」の存在を明確に感覚として理解していればこれほど人生の力図良い存在で居られることはありません。



そして、人を源にするという心理的手順。これが一人でも多くの人が手にしていれば世の中は急速に軽く変化していきます。


では、<源の存在>になる心理的手順とはどういうことなのか?についてお話をしていきます。心理的手順は人から人に伝える手ほどきである為に文字を読んでもできません。ですので、ここでは心理的手順の内容ではなく心理的手順とはどういうことか?についてお伝えします。





←意識の仕組みがわかる本4冊








<源の存在になる>心理的手順とはどういうことか?

源の存在になるのは、簡単になれます。しかし、それは心理的手順を手にして自分が勇気と正直さがあればなれます。


源の存在になるには、意識を扱える必要があります。


意識を扱えるとは?一体どういうことでしょうか?



意識を扱うのには、意識の仕組みが理解できていないとわかりません。

意識の仕組みを理解するには、自分が経験的に理解しないとわかりません。

単なる頭でっかちの状態となり、「私は知っている」という状態になります。


なぜ、「私は知っている」という状態だといけないのでしょうか?

「私は知っている」という状態だと探求できません。知らないから興味が伸びて探求して知りたいと思うのですが、知っている、わかっている、という状態だと興味が伸びません。過去の記憶との比較になります。


今ここにいて、意識は毎瞬毎瞬変化しているので過去の記憶との比較をしても意味がありません。

それは、表面的に何かをしているだけにすぎません。


意識を扱うのは、表面的に何かをする為に扱っているわけではないのです。


つまり、シンプル、純粋な存在であればあるほど意識を探求しやすくなります。

「源の存在」になりやすくなります。


そして<源の存在>は、一度なったらそれで終わりではありません。

意識は毎瞬毎瞬変化しているのです。


では、<源の存在>になる、心理的手順とは一体どういう事なのでしょうか?


意識を扱うには、意識の秘密の扉を開くダイヤル番号が必要です。

そのダイヤル番号が心理的手順なのです。


その心理的手順は、順序があります。

逆にしてしまうともつれてしまったり、からまったり、固定してしまって扉が開けられない事もあります。



その心理的手順は、シンプルでいて目的、成果、やり方が明確でないとどこまでやっていいのか?正解はどこなのか?わからなくなります。かえってそこに気持ちが固定してしまって意識の扉を閉じてしまう事にもなります。



そして、その心理的手順が解っても最終的に意識の秘密の扉をあけるのはあなた自身です。もし、あなた自身が勇気と正直さがなければ、扉を開けることができません。そして、意識の扉を開ける目的が明確でないと成果は出ません。



その心理的手順がアバター®コースになります。


アバター®コースは、自分の進みたいところまで意識の扉を開けて進むことができますが、あなた自身が進まない限り誰も進める事はできません。そこであなたの勇気と正直さが必要なのです。そして、目的です。


目的が明確であれば、一緒にサポートしてくれるアバター®マスターが少し背中を押してくれることも出来ます。しかし、マスターはあなた自身が「源」となって探検していくことをサポートする事しかできません。つまり、あなたがアバター®マスターとオープンなつながりが出来ていれば出来ているほど、あなた自身の意識の探検が奥深くスムーズにいきます。


意識の探検が深くなるには、<源の存在>としての探検が必要です。


自分が創りだしたという視点を持つ存在です。

実際にそうだったかは問題ではなくて、その現実を自分が創りだしたという視点で物事を観察する勇気です。


この<源の存在>として自分自身を知っていくことで、あなたは現実を作り変えるパワーを手に入れられるのです。


現実を作り変えたり、現実を創り出したりすることができます。


<源の存在>になると、あなたは簡単に信じる事つまり信念を簡単に創ったり、消したりできるという経験が出来ます。


創り出す事だけをすることも出来ますが、同時に消す事もできます。

あなたが、創りたくない現実を創り出すのを辞める、消すという事ができれば、それは「集合意識」の一滴を消す事になります。


集合意識を消す事のパワー

あなたが、集合意識の一滴を消す事のパワーをご存知でしょうか?

アバター®コースが凄いのは、現実を創り出すだけでなく、同時に消す事も学ぶ事です。


消す事、創りたくない現実を消す事で集合意識の一滴が消す事ができます。



例えば、日本ではエスカレーターは東日本では左側に立ち、西日本では右側に立つって反対側を開ける事で急いでエスカレーターを上ってくる、降りてくる人の為にスペースを開けています。

しかし、エスカレーターが出来た当初はこんな立ち方はしていませんでした。


誰かがはじめ、そしてその意識が多くの人を巻き込んで今では当たり前のようになっています。そして、また最近ではエスカレーターのバランスが崩れるので片側に乗るのではなく真ん中に立つようにと言われるようにもなってきています。



エスカレーターの片側に立つという事を一人がはじめ、それから集合意識ができてそれが暗黙のルールになっています。


しかし、集合意識から片側に立つのはエスカレーターが故障するもとになるので真ん中に立とうという意識へ一人が変更し始めたとします。つまり、エスカレーターは片側に立って急ぐ人にスペースを開けるものだという事を消した、辞めたとすると、集合意識から一滴消えていきます。


そうすると、世の中の当たり前という意識が少しずつ変化していきます。


ここでは、エスカレーターの話でしたが。もし、喧嘩や争いに関して消していくことができればどうでしょうか?


あなたの中から争う、戦うという意識を消して、協力する、仲良くするという意識へ変えていけたとしたら。

あるいは、人は信じる事、つまり信念を簡単に創ったり消したりできるのだと理解して、この人の意見は絶対に変わらず頑固で絶対に相容れないという考えを消すことが出来れば。


<源の存在>でいると、この事が簡単に可能となります。


つまり、<源の存在>でいることは世の中をより良くすることにもなるのです。

そして、経験したい現実を創り出すことも出来ます。


<源の存在>になる方法を探す時間を費やすのを辞めて、すぐに<源の存在>になるやり方、心理的手順を習得し現実を17倍加速させてもっとやりたい事をやりましょう。


***********************

・日本で開催されたGWでのアバター®コース

https://youtu.be/S1q25QOmsHY

・アメリカで開催されたアバター®コース

https://youtu.be/Mj2Fk_1X-6w

***********************

・アバター®コースの申し込み、体験談シェア、問い合わせ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/f292d693475571