アバター®・リサーフェシング®︎・リビングデリバレイトリー®︎・覚醒した星の文明®︎は、スターズエッジ社の登録商標です。
全ての権利は同社が保有しています。
このサイト上の掲示は私個人の意見であって、スターズエッジ社の立場や意見、戦略を代弁するものではありません。
Copyright chicacothewizard. All rights reserved.
  • chicaco

感情をコントロールするという事。どうすれば出来るようになるのか?

最終更新: 2019年8月15日


感情をコントロールするという事、どうすれば出来るようになるのか?


人には感情があり、それを瞬間に感じています。

喜怒哀楽などと言われますがたくさんの感情を感じています。

それをコントロールするのはどういう事か?

それをどうすればできるのか?


について解説していきます。



感情をコントロールすることができれば、穏やかでいられます。

そして、どんな時も一人だけ堂々としていられるようになっていきます。


ここでは、遠回りなように見えて一番確実で近道な根本的な解決方法をお伝えしていきます。













感情をコントロールするという事

感情とは瞬間の科学的反応です。


それをコントロールするにはその反応を起こさないようにするという事です。


しかし、その反応をコントロールするのに感情を感じないようにすることで対処している事が多いです。

これを感情遮断と言います。


これを継続すると感じないようになっていきます。

それでは、あなたが求めている解決にはならないと思います。


ここで伝える感情をコントロールするというのは、その感情例えば怒りの感情が強くなって何も言えなくなるとか、感情が顔に出るとか、怒りで突然失敗が増えるとか、不安で何も手につかなくなるとか、思い出すだけで悲しみが湧いて涙が出てこれが何年も長引いて人に心配をかけるとか、 といういうあなたが困ったなぁという感情を辞める、出てこないようにする、必要な感情は感じるけれどそれに振り回されないようにするという事です。


感情を感じないようにすると、人だって殺せてしまうからです。


そうすると人間関係が悪化している事にも気づきません。




例えば、あなたが家事をしてくれない夫に対して怒りを感じていたとします。


そんなときに、夫が「あれやっておいてくれた?」と聞いてきたらもう怒りが爆発してしまい夫婦喧嘩になった。


夫は単に、以前約束していて事を確認しただけかもしれません。


けれど、あなたは「何でも私にやらせて!もっと言われなくても気づいて手伝ってよ!」と考えていたとしたら。怒りは爆発です。



ここであなたはもしかすると「私には能力がない」「私は価値がない」などと否定的に自分の事をみなしていて、それを認めたくない!を思って頑張ってきていたのかもしれません。



この様にして、自分が本当に思っている事を自分では認めたくないのに認めさせられるような事が起きると怒りの感情が出てきたりします。


しかし、人は無意識に自分に対して当たり前に思っている事に気付いていません。そして、それを認めたくないと思って頑張ってカバーしているので余計に自分に気づきません。



人は、本当の自分とみなしている自分を認める代わりに、上から別の自分を創り出して覆い隠してしまっています。その為、本当の自分を発見するのには、勇気と正直さと、自分で発見して自分で気づく事、初めは人のスペースが必要なのです。



感情コントロールはどうすればできるのか?

瞬時の何か?を伝えたところで玉ネギの様に相になっているものに、また上から想を厚くする事で気づきを遅らせてしまいます。


ですので、ここでは根本的で確実な近道をお伝えします。


それは、あなたの気づいていない本当の自分自身を知ることです。


あなたが気づいていない本当の自分自身を無防備に、正直になって知ることであなたは自分で気づきます。


自分で気づく事が重要です。

それは、人に誘導されても実はそれは気づきではなくて人に求められた答えを話しているに過ぎないからです。自分で気づくことは、あなたの本当の自分が目覚める事です、あなたの強い意志が目覚めてきます。源の存在になって気づきます。


自分でそれを創りだしたのだという気づきです。


人によっては、「あの瞬間、自分で自分の事をなんて価値のない人間だ!」と認めたんだと古い記憶が呼び起される事もあります。


ですから、初めは訓練された人にサポートしてもらう事が必要です。



自分で気づく事があなたの行動を変えます。自分で簡単に変える事が出来るようになるのです。経験したらよくわかります。



そして、深く深く自分を探検していくには、もっと自分自身を感じるという練習が必要になってきます。しかし、そこからはもっと激変していけます。


参考図書:リサーフェシング®(ハリー・パルマー著)練習23「透明な信念」

「変えたい状況は何ですか?」という質問から入りますが、あなたの変えたい状況を特定して自分の邪魔になっている「当たり前だ」と思っている事を発見していきます。

リビングデリバレートリ®(ハリー・パルマー著)意識の仕組みの発見、開発が書かれているので、リサーフェシング®の練習をする前に一読することを強くお勧めします。


お勧めはアバター®コースを受講することです。



まとめ

感情をコントロールするには、自分について気づかづ本当に思っている否定的な事を知ることから始まります。

感情をコントロールできると、穏やかにすごせ気づかぬうちに人間関係がよくなり、一人堂々としていられるようになります。


まずは、自分自身のほんの特定の事を知るにはリサーフェシング®という本がお勧めですが、リビングデリバレートリー®という本に本質が書かれているのでそれを一読すると何をリサーフェシング®の練習でしているのか?が理解しやすくなります。


始めは、訓練されたアバター®マスターに一度サポートしてもらうのが近道です。


もう少しを目指すなら、アバター®コースをお勧めします。



***********************

・日本で開催されたGWでのアバター®コース

https://youtu.be/S1q25QOmsHY

・アメリカで開催されたアバター®コース

https://youtu.be/Mj2Fk_1X-6w

***********************

アバター®コースの申し込み、体験談シェア、問い合わせ⇒問い合わせ