アバター®・リサーフェシング®︎・リビングデリバレイトリー®︎・覚醒した星の文明®︎は、スターズエッジ社の登録商標です。
全ての権利は同社が保有しています。
このサイト上の掲示は私個人の意見であって、スターズエッジ社の立場や意見、戦略を代弁するものではありません。
Copyright chicacothewizard. All rights reserved.
  • chicaco

こころの扱い方を学ぼう!扱えるメリットは?


心の扱い方を学ぼう。私たちは実のところ「こころの扱い方」を教えてもらう事はありません。学校で習うのは自分の感情を抑えるやり方です。それはこころの扱い方ではありません。こころは危険です。扱い方を知らなければ。


ここでは、こころの扱い方を学ぶメリット、デメリットについて簡単にお話します。

メリットはありすぎるので書ききれないですのでそのほとんどを割愛する事になります。


最後まで読んでいただくことで「自分のこころを扱いたくなっている」はずです。

おまけとして、こころを扱うやり方・・・に繋がっていきます。











こころを扱うってどういうこと?

こころを扱うって一体どういう事だと思いますか?大人になったら「こころ,感情をコントロールできるようになりましょう」と学校で言われたように思います。その時は嫌な事があったとしても感情的になって怒ったり、笑ったりしてみんなの前で感情を露わにするなという意味だと自分なりに解釈していました。


その時、もし私にもっと勇気があったなら先生に質問していればよかったと思いますが、きっと先生も答えられなかったでしょう。


こころを扱うってどういう事でしょうか。


あなたはどうして心を扱えるようになりたいと思いましたか?


自分でこころを扱えると、

簡単な事で身近に理解出来る事は。

・感情をコントロールできます

・自分の存在の感じを変える事ができます

・自分が経験している事を変える事ができます。

・心を扱えると人と繋がれる感覚を取り戻す事ができます。

・人間の可能性をもっと磨く事ができます。

他にもまだありますが、後はあなたが上記の事が出来た時もっと理解でき気づきます。


一つずつどんな感じなのか?をお伝えします。「感じ」であって言葉では説明しきれません。難しい言葉で表現、定義していないので心理学的な難しい言葉はありません。心を扱うとは「言葉」ではなく、「経験する事」なのです。


経験する事に言葉はほとんど助けになりません。言葉にすると、感じる事から遠ざかります。


心を扱うことで、これを自分自身で探検していけます。そして、徐々に自分がしている事に気付いて辞める事ができたり、気づいた時には あれ?いつもの行動とは違うな感情が変わっていたりすることもあります。心を扱うことは「自分自身がその想像を創りだした源の視点」に立つことでできます。頭の理解の源ではありません。思考では出来ません。



・感情をコントロールできます

例えば、腹をたてたくないのに怒ってしまう。子供が言う事に反応して腹をたてずにはおれなくなるとか、上司のやる気のない言葉に何か嫌な感じを感じるとか、夫や妻に対して気分の良い時は大丈夫だけれど時々とても腹が立ってしまう。


いつも気分が落ち込んだり、自分に自信がないと感じていてもそれもコントロールできます。一度消したものはまた簡単に創りだすと自分が決めれば創り出す事もできます。



・自分の存在の感じを変える事ができます

感情をコントロールし、感情を変える事ができれば存在の感じを変える事ができます。

いつも良く怒る社長だったとします。その人が怒らなくなったら、顔が穏やかな顔に変わったりその人のそばにいても、今までならピリピリ緊張する感じがあってもそれも変わるので人が寄ってきたりするかもしれません。


頭が良くていい人で良い事してるのにそれほど人が集まらなかったとしても、心を扱うことでその存在の感じが変わり人が集まってくるようにもできますし、それをコントロールする事ができます。



・自分が経験している事を変える事ができます。

自分が経験している事を変えられます。感情がコントロール出来る事自体がまさにこれでもあります。また、いつもやりたい事があるのに邪魔が入ったり、自分の理解を超える事も変える事ができます。


「時間にいつも遅刻する」のは、自分が悪いと思って変える事が出来ると多くの人は頭で理解しています。でも、早く準備すればいいのをわかっているけれど出来ないとか、人によってそれぞれですが頭の理解で出来ると思っていますが変えるのに相当のエネルギーと努力が必要となったりしますが、頭の理解ではなくて心を扱うことでシンプルにできます。


他にも「結婚したいのに出来ない」「優しくしたいのに出来ない」「もっと賢くなりたいのにバカだ」いっぱいです。あなたの扱い事を扱ってください。




・心を扱えると人と繋がれる感覚を取り戻す事ができる。

心を扱えると、物事がどんどんシンプルになっていきます。ですから、今まで苦手だった人とも話したり話しかけられたりすることが出来ます。


価値判断を超えて人の話に耳を傾けられるという経験は、本当に世の中を平和に導くことができます。心をあつかえると、自分が価値判断を超えていない事実を知ることができますし、自分が完ぺきでない事もわかります。人に優しくすることも出来ますし、寛容にもなれます。人との繋がりの感覚を再び経験できると人との信頼関係が構築されていきます。人に影響を与える事もできます。



・人間の可能性をもっと磨く事ができます。

人間は自分というものと一体化している・・・だけではないと言う事がわかってきます。

この先は、自分自身が進みたいところまで進みましょう。



心を扱うことのデメリット

心を扱う事のデメリットは、「一人だけで扱っていると視点が狭くなる」です。

扱い方を使って扱う事ができればどんどん物事は簡単になってきますが、一人で独自の方法でやろうとすると時間がかかり一生のうちに偶然おきる気づきを待つはめになるかもしれません。

扱い方を使って扱う事ができれば、気づきは起こせ意図的に生きる事ができます。



心を扱うやり方の大きなヒント

とてもシンプルで「人が信じている事を経験する」という視点から探求することです。

全てがそうだと言っているわけではなく、その視点が源の視点だとすればどんな事を自分自身は本当に信じているか?という事だけです。


意図的に信じる。です。



興味のある方はお問い合わせからご連絡下さい。