アバター®・リサーフェシング®︎・リビングデリバレイトリー®︎・覚醒した星の文明®︎は、スターズエッジ社の登録商標です。
全ての権利は同社が保有しています。
このサイト上の掲示は私個人の意見であって、スターズエッジ社の立場や意見、戦略を代弁するものではありません。
Copyright chicacothewizard. All rights reserved.
  • chicaco

ありのままに人をみる能力をあげる

最終更新: 2019年8月15日


アロマセラピスト、整体師、カイロプラクター、心理カウンセラー、医師、など〇〇セラピストがもっと自分の能力を発揮するには?


について話していきます。


人をありのままに見る能力を磨く事。

何かを加えるのではなくて、セラピストの能力を邪魔していえるものを減らす、取り除いていくという事です。


最後に、ありのままに人をみる能力をアップさせる方法を提案します。















成功している人は、自分自身について学んでいる

成功している人は、『研究熱心』です。

そして、探求しています。



以前読んだ本に、オステオパシーについて書いておられる方が、

『もっと、人を治療する能力をあげるにはどうすればいいか?』

の質問に対して、その方自身の経験を書いていました。


自分の『触る』という能力を高める必要がある。

人の体のティッシュ1枚1枚の薄さのレベルでどうなっているか?を感じる能力をあげる。

その為に、毎日毎日物に触れる時の微妙な感じを感じ続けていくと。


日によって、自分の体調によって触る感触が変わってくることに気付いた。



それから、自分についてもっと知り、体調がどう変わるかなど

自分がどういう時に怒るか、怒りを我慢しているのか?

そしてこの感情を超えていくことができるのか?探求していった。

その結果、師を上回るほどの治療家になった。


ということでした。





また、本田健さんという「ユダヤ人大富豪の教え」という本を書かれた方。


この方もおっしゃっています。

第2の秘訣のタイトル

「自分を知り、大好きなことをやる」




そして、アバター®コースのツールを開発したハリー・パルマーさんも

もちろんおっしゃっています。

『自分を知ることに、自分の時間とエネルギーを費やすことを決めている人達と、教え込みに従って人生を生きつつ、自分自身が事実だと持っている事に疑問を持つことを恐れている人たちとを比べると、前者の方が成功して幸せを得るチャンスをより多く持っています。』




アバター®コース終了した人で、色々な事に気付いたという方は。

例えば、


●ヨガ教室をしていた方はアバター®コース終了してから教室に来る人が増えた。

●歯医者さんは、患者さんと接するのがとても楽になって気持ちよく治療できるようになった。

●画家さんは、絵が変わった。

●イタリア人のピアニストさん達は、音が変わるので早く来たいと思っていたと言っていました。

●歌手は、声が変わってお客さんが変わった。

●歌のオーディション受けた人は、歌が審査員に届く感じがして合格した。

●アロマセラピストさんは、指名が多くなって忙しくなった。

●美容師さんは、お客さんとつながりやすくなった。

●会社の社長さんは、孤独から抜けられたし、部下が指示待ちでなく自ら動くようになった。

●看護師さんは、自分が患者さんの所にいくと騒いでいた人が大人しくなり色んな看護師さんから興味を持たれるようになった。

●営業してる方は、その年の売り上げ1位になれた。


私は、薬剤師でクレームの多い人と薬歴に書かれている患者さんでも、クレームなく心地よく接してくれるようになり、他の薬剤師さんから興味を持たれるようになった。


他にもありますが、こんな感じです。





ありのままに人を見れないことへの弊害

自分を知るという事はとにかくいいという事がわかった。

では、ありのままに人を見れるのか?

見れなくても変わらないのではないか?



ありのままに人を見れないと。


自分勝手な価値判断をしてしまって、先入観いっぱいでその人を限定してしまいます。

そうしたら、どうなるでしょう。




例えば、

学校の先生がもし子供たちを価値判断や先入観いっぱいで限定してしまっていたら。

ある教室から給食代がなくなった場合。

過程の事情を知っていて、ある生徒が貧困でお腹を空かせているのを知っていたとしたら。

どう思いますか?


他の例でも、

アイドルだから悪い事は出来ないからしないだろう。と思う人や。

逆にアイドルだからこそ汚い世界を知っていて悪い事をしているはず。と思う人。


こうやって、人をありのままに見ていないと。



セラピストさんがそれをやっているとすれば。

先入観たっぷりにクライアントさんを見てしまい、

必要なケアがなされない事にもなってしまいます。


そして必要なケアがなされないだけでなく。

あなた自身もケアしきれなかった事に落胆し。

クライアントさんに成果がでず、リーピーターにならない事になりかねません。


完璧には無理でも、少しずつありのままに人を見る事ができれば技能もあがりますね。




ありのままに人を見る能力をUPさせるには

それでは、ありのままに人を見るといってもどうすればいいのか?

自分を知るにはどうすればいいのか?


私が提案するのは、どうせやるなら。

自分が気づいていない『自分』まで知って、

知るだけでなく自分を操れると面白いと思います。



提案1:本を読む

まずは、本を読む事をお勧めします。

自分の人生を変えるきっかけになる本4冊です。


本の内容はここでは飛ばして、別のページで説明します。



提案2:アバター®コースを受講する

これは、9日間でするコースです。

1部、2部、3部に分かれています。

自分のことを知りたいなら9日間受講すればいいのですが、

なかなか日がつくれないなら、まずは1部だけ受講するといいでしょう。

たった、34,500円です。(2019.4.22現在:料金は予告なく変更されることもあります)

1部は2日間ですが。

私が良く使っているのはこの2日間のツールなのです。


アバター®コースついて知りたければ、「問い合わせ」ください。