アバター®・リサーフェシング®︎・リビングデリバレイトリー®︎・覚醒した星の文明®︎は、スターズエッジ社の登録商標です。
全ての権利は同社が保有しています。
このサイト上の掲示は私個人の意見であって、スターズエッジ社の立場や意見、戦略を代弁するものではありません。
Copyright chicacothewizard. All rights reserved.
  • chicaco

『人をどうにかしたい。と思う自分をどうにかする!』

最終更新: 2019年8月15日


人と一緒に居ると、時々『あの口うるさい感じをどうにかしたい』

『掃除をしてくれるのはいいけれど、言った通りにしてくれない』

『今から使うから綺麗にしたのに、いつもチラけたままな感じをどうにかして!』

『フォローしてくれるのはいいけれど、コメントは褒める事以外は書くな!』


などなど。

言葉には出さなくても心の奥底でこんなことを考えたりしていませんか?


もし、しているのなら。

あなたは自分の人生を損しています。


だって、あなたの人生の幸せの時間を『人に対する不満の時間』で費やしてしまっているのだから。


では、一体どうすればいいのか?


結論:人に対する不満の時間を、まずは自分をどうにかする時間にする。

その『どうにか?』とは?







←意識の仕組みが解る本






まずは、自分を認識しよう!

自分は、妻、夫に対してどう思っているのでしょう?

まずは、自分が何かに感情が動かされている事を認識してみましょう。


「あ、怒っている」

「人に求めている」

「何かに焦っている」


自分の今の状態を感じたら。

何故そうなっているのか?

何故落ち着かないのか?


自分を認識してみましょう。


あ。こんなことで怒るんだな。

こんなことで苦しんでるんだな。

ここに引っかかっているんだな。

という事を認識してみましょう。



人に対して不満を感じている時間、自分を観察してみましょう。



そうすると、パターンが見えてきます。

あるいは、心の奥底で引っかかっている事が何かわかったりします。



あなたは、このまま人に対して不満を感じ続ける人生を送りますか?





自分を探検するツールを使ってみよう

自分を探検するツールを使うと。

どんどん自分が何に感情が動いているか?

どんなパターンでどうなっているのか?

少しずつ感じてきます。


そんな自分に腹が立ったり、

情けなく感じたりするかもしれません。



でも、そこにこだわる必要はありません。


では、どうすればいいのでしょう?



自分に対して腹が立ったり、

情けなく感じたり、

こんな自分を人が受け入れてくれるとは思えない

と恐怖を感じるかもしれませんが。


そんな時は。

『自分が必要だったからそのパターンや感情を創り出したんだな。』

と大切に感じてみましょう。


その感情、パターンのお蔭でその時はあなたは自分を守ることができたのです。

でも、今はそのパターン、感情はいらなくなってしまった、邪魔になってしまっただけなのです。



自分を大切に出来るのは自分しかいない。

『自分自身を大切に出来る人は、人も大切にできる。』と聞いた事はありませんか?


人は、昔は


インディアンの教えがあるように。

日本人が昔は自然と共に暮らし、『お蔭さま』『おてんとうさまが見ている』『物にも精神が宿る』として物も大切にしていたように。


自分、家族、7代後に産まれてくる後世の事を考える行動、自然を大切にしていました。


人を自分の事の様に感じ、接するように教えられてきました。



もし、今。

相手の苦しみを感じ、自分がやってあげればいいのだと自分が全てやってあげる、これが優しさだと思われているなら自分の事を大切に出来ていない事を知ってください。


人がやってくれない、気づかない、自分だけが苦しい・・・

というスパイラルに陥ると、物事を簡単にするという事ができません。


意識の仕組みを知って、物事を簡単にするのです。



これから迎える時代は、物事を簡単にしていく時代。

これからの時代は。

物事を簡単にしていく人と、今まで通り苦労して苦労して頑張る人に別れると聞いています。本当かどうかはこの先はわかりませんが。



物事を簡単にしていく人になりたくないですか?



人は物事に対して『押したり、引いたり』している状況を創っています。

欲しいのに、いらない。という感じです。


物事を簡単にするには、この『欲しいのに、要らない。要らないけれど、欲しい。』こんな事をしている自分に気付く必要があります。そして、それを扱って統合していくのです。



まとめ

人をどうにかしたい!と思ったら、そんな時間を「自分を認識し、より良くする」ことに時間を使いましょう。

そして、これからは『物事を簡単にする』時代。

簡単に自分を大切にしながら自分を変えることができるのです。


意識の仕組みを知って自分を知る練習をしてみましょう。





←意識の仕組みが解る本