アバター®・リサーフェシング®︎・リビングデリバレイトリー®︎・覚醒した星の文明®︎は、スターズエッジ社の登録商標です。
全ての権利は同社が保有しています。
このサイト上の掲示は私個人の意見であって、スターズエッジ社の立場や意見、戦略を代弁するものではありません。
Copyright chicacothewizard. All rights reserved.
  • chicaco

「人生は100年時代」に必要な技能

最終更新: 2019年8月15日


人生100年時代と言われていますが、そこで必要な事は何か?

を考えてみると。


健康、お金、生き方


これが満たされている事が重要です。


しかし、ここに共通する事があります。

それは一体何か?

これは「意図的に生きる」事です。



では、意図的に生きることが何故健康、お金、生き方

が満たされていくのでしょうか?


ここでは、意図的に生きる事で満たされる事

健康、お金、生き方がどうなるのか?

について説明します。



*意図的に生きるとは

自分で見て、考える事です。それは自分の気づいている意志に従って、合理的に機能する事です。自分の食生活や、依存、行動、そして精神的プロセスに個人的責任を取ることです。それは自分の人生を取り戻す事です。

=中略=

意図的に生きると言うのは、植え付けられた期待や教え込みに従う1つのアイデンティティーとして反応するのではなく、源の存在として機能する事です。それはあなたが長年の正当化や、宣伝、公教育、依存、習慣、そして教え込みに立ち向かう事です。正当化の数は圧倒的ですし、感情にもひどくやられますが、良い知らせは、その苦しみを味わい愛でて最初の数歩を無理にでも進むことができれば、後は楽になっていくことです。

    アバターの道2プライベートレッスン「ハリーパルマー著p.2より抜粋



人生100年時代で求められるもの

人生が短かった場合は、現在の多くの人は学校教育、

そして会社員として定年を迎えます。

そして定年後も年金だけでは生活が難しい為、

貯金を切り崩し、生活を切り詰め、不安と共に生活。


病気にならないか、ならないように・・・と

病気について考え病気になり。


治らないと言いながら高い医療費、薬代を支払い。

病気にならないように出歩かず、筋力が衰えて病院に行く。


そして、この年ならこんなものだと考え自分自身を慰め

人生を終了させる・・・。



こんな感じではないでしょうか?



私が病院や薬局で仕事していてずっと感じていたことです。



一番の恐怖は、健康です。

そして、お金。

解決策は、「意図的に生きる事を学ぶ」こと。



人生100年時代で求められるものは、

健康でいることです。

健康でいるには、体のみならず心も健康でいなければ

健康で居られません。


心と体は一体です。


私は「意図的に生きる事を学ぶコース」

アバター®コースを2012年7月に受講。

自分自身が意図的に生きられるように

「自分自身の信じている事を管理」するように

しています。


「こころ」を管理する事ができます。

「こころ」の管理が出来ると、怒りや悲しみ苦しみが

管理できると体が真のリラックスが出来るように

なっていきます。



多くの人は、外側から変えようとします。

外側から「こころ」を変えようとしてもできません。


何かに反応して「怒り」の感情が湧いたとしましょう。

でも、こんな事で怒っては良くないと言って

なんとか怒らないようにしたとしましょう。

けれど、良く考えてください。

「怒り」という感情がでたから抑えたのです。


怒りの感情があった。

次回からは怒らないようにしようと決めた。

次に怒ることがあったが感情を抑えた。


つまり、怒る感情は存在しているのです。


「意図的に生きる」ことを学び、自分自身の信じることを

管理すると、同じような場面で「怒り」という感情が

湧いてこなくなる。


つまり、怒る感情は消えて存在しなくなります。


もちろん、自分がどこまで進むかは自分次第です。

自分にしか自分の感情を把握し管理する事ができません。



この感情をコントロールできると。

心が健康になります。

心が健康でいると、体も健康に導かれます。



お金について

では、お金についてはどうでしょうか?


「意図的に生きる」事には、上記再度読み返して頂きたいですが。


「源の存在として機能することです。それはあなたが長年の正当化や、

宣伝、公教育、依存、習慣、そして教え込みに立ち向かう事です。」


とあります。

お金についてあなたは勉強したことがありますか?


そしてもう一つ。

「信じている事を経験する」という事を聞いたことがありますか?


あなたがお金について勉強し、

そして「信じている事を経験する」という真理にもとづいて

行動すればお金の事も解決できます。



例えば、

友人Kさんは、お金を借りることが良くない事だと信じていたので

どうしてもやりたい事を我慢していました。

けれども、大企業や会社は銀行からお金を借りています。

銀行はお金を貸すことで利益を利子として受け取り

なりなっています。

お金を借りてもらわないと銀行はつぶれるのです。

そこで、友人はお金を借りるのは悪いのではないと気づき、

借りてもいいものだと信じることができたのです。


すると、ある人が頭に思い浮かび、

その方のもとへ行き事情を話すと

「予定していた金額より何十万も多い金額」を

貸してもらえたのです。


ご年配の方から借りられたので、そのご年配の方は

役に立ててうれしい気持ちになられたそうです。



借りる事だけではない。

例えば、

私の友人Sさんは、アバター®ツールを使って

自分自身の信じている事を管理しクリアにした時。

以前貸してあげていたお金が返ってきたとも話していました。


あるいは、

以前私は、もっと金銭に余裕があると嬉しいとアバター®ツールを

使って自分自身の信じている事を管理して。

ふと思いついて転職し収入が1.5倍になりました。




人生100年時代「意図的に生きる事」を学ぶ

「意図的に生きる事」を学ぶ事で、何が良いのか?


それは、「自由を感じる」事です。

「可能性は無限に広がっている」事です。


自分自身で自分、自分の人生を設計することができるようになります。


私が25年程度、薬剤師をして患者さんを観察し続けました。

日本人は70歳ぐらいから人生が大まかに2つに別れます。

1、90歳半ばまで健康で長生きする人達

2、70歳くらいから病気がちで先が見えず重く苦しい人達



1、90歳半ばまで健康で長生きする人達

この人たちは、依存していません。

そして、気持ちが軽いのです。

また、年齢によって左右されずやるべきことがあり、

それを「嫌々やるのではなく」淡々とこなしています。


この人たちと接する時は、嫌な感じがしません。


「意図的に生きる」事に少しあてはまる部分があるのです。

公教育は少なかった。

自分でやると決めた事をやり、嫌な事は嫌だと言う。

期待や教え込みに従っていませんし、

親子関係が依存的でもなくお互いの存在を尊重していて

健全です。




2、70歳くらいから病気がちの人達

常に「歳だから、歳にはかなわない、歳はとりたくない」

とやたらと歳を気にしています。


そして、自分の不摂生を顧みず人に依存しています。

歳のせいにしたり、何かのせいにします。

子供が高等教育を受け親を見下している様子です。

そして自分自身も見下されて当然と感じ

子供に従って子供に源を預けている感じです。


運動をすることもありません。

「膝が痛い、足が痛い、歩けない」と言います。

それ以外の方法を模索しようともせず、医師任せ人任せです。


「意図的に生きる事」とは真逆です。



意図的に生きる事を学ぶとはどういうことですか?年齢制限は?

「意図的に生きる」のは、とても奥深い言葉ではありますが、とてもシンプルです。


年齢は「やりたい」と思った時です。

3歳でもテキストを読み上げてなんとなく理解してすぐに練習します。

子供は親の邪魔さえ入らなければ「意図的に生きる事」の天才です。


100歳を超えた方も参加されました。

けれど、この方が「意図的に生きる事を学ぶ」為に来たとは思えませんが

こんなに自由なところがあることを知ってもらえました。


70歳くらいの方こそ参加されると周りに良い影響を与えます。

あなたが、丁寧に生きてこられた人生を振り返るのにとてもいいチャンスと

なりますし、実践されることで実は気づかないかもしれませんが、周りの若者が

とても良い影響を受けるのです。



子育てをされている方、人を雇って経営されている方、

接客されているなど。

そんな人は「意図的に生きる事」を学ぶと

人生を生きやすく、軽くなっていきます。



結論:お勧めの本「アバターの道」、「プライベートレッスン」