アバター®・リサーフェシング®︎・リビングデリバレイトリー®︎・覚醒した星の文明®︎は、スターズエッジ社の登録商標です。
全ての権利は同社が保有しています。
このサイト上の掲示は私個人の意見であって、スターズエッジ社の立場や意見、戦略を代弁するものではありません。
Copyright chicacothewizard. All rights reserved.
  • chicaco

「ぺちゃくちゃ」お喋りは、世の中をより良くする。

最終更新: 2019年8月15日





「ぺちゃくちゃ」お喋りは世の中をよくする。


話をする意味が解らない。面白くない。でも、営業でしゃべらないといけない。人を癒す仕事だけれどしゃべるのが苦手。などお喋りする事に躊躇される方に読んでいただきたいです。「お喋りする事が世の中をより良くする。」という視点です。


私自身、お喋りが苦手でした。相手の話も面白くない。関西人なので落ちがないと面白くない。何が言いたいのかわからない。など常にお喋りすることに不満を持っていました。そして、今から考えれば話はお互いに一方的で理解し合うことはなかったのでは?と思います。


けれど、アバター®マスターという仕事をするようになって、人の人生に触れる機会が多くなるにつれて、世の中での適切なコミュニケーションが不足している事に気づきました。これが、自分自身の人生を簡単に進ませない足かせになっていたりもする事に気づきました。


今でも、意味のないお喋りもあると信じています(笑)。

が、アバター®マスターが持つアバター®のツールがあれば全く問題がない行動が出来ます。


ここでは、お喋りといっても、家族や恋人、友人同士、仕事関係などの会話について、どうコミュニケーションすればいいのか?を話していきます。

「ぺちゃくちゃ」お喋りできるようになれば、営業の仕事も良くなりますし、家族など誤解やストレスがお互いに減ります。それだけでも、あなたの健康に繋がります。


どうしてもストレスになる相手とのお喋りはあなたが精神的成長をして話せるようになってからでいいです。


個々での参考のテキストはプライベートレッスンです。


お喋りにテクニックはない。

心地よくお喋りする事も、実は自分自身で技能をあげていくことなのです。

だから、慣れていくしかありません。と残念な話から始まりましたが。


もちろん、このお喋りが苦になるには色々な要素が絡んでいます。


*自分自身が信じている事が邪魔になっている場合もあります。

*相手があまりにも遮断していて話にならない場合もあります。

*あまりに自分自身が人に価値判断していて心地よくない場合もあります。

ハッキリ言ってここに書くとキリがありませんし人によって違います。


練習しても苦痛であれば、自分自身を知る必要があります。


一般的にお喋りは、自分の事を話したり相手の話を聞いたりしてコミュニケーションをとります。


プライベートレッスン(ハリーパルマー著)p.67、68より抜粋

ステップ1

共通の関心事を特定する。

 中略

共通の関心事が何か浮上してくるかどうかをみます。もしそうならなければ、私たちはそれぞれ自分の道を進みますが、もしそうなれば、ステップ2に進みます。


ステップ2

共通の関心事を解決する(あるいは高める)ために、やり取りの合意を共に創り出すという意図を持ってコミュニケーション(聞く、話す)をする

中略


ステップ3

計画に従って行動し、互いに満足のいく財産、サービス、情報、愛情、あるいは注意のやりとりを楽しむ。

      抜粋終了


お喋りは練習します。

お互いに心地よく感じられるようにお喋りするのが一番です。



大ピンチ!夫婦、恋人、友人同士で違う意見が出てきたときは。

お互いに違う意見が出てきたときですが。


仲が良くないカップルになると、初めのうちはどちらかがいい顔をして我慢します。そして、それを何度も繰り返していくうちに不満が爆発します。

あるいは、何度も繰り返し無視する、無関心になるなどの対処をします。


それでは、あまりにも安易すぎます。


もし、相手の意見が違う場合は。


まずは相手の意見を一歩踏み込んで聞いてみるのです。どうしてあなたはそれを正しいと思っているのか?相手の信じている事、核心に行きつくまで話をとことん聞いてください。自分の意見は全く挟む必要はありません。興味を持って敬意をもって聞きます。そうすれば、あなたは相手の知らなかった部分を発見できるのです。相手を責める意図で聞くのではないのです。相手を理解する意図できいてください。



そうすると事で、何より自分自身が理解ができてスッキリするのです。


そうして、今度は自分自身はこう考えているのだと正直に、相手を責める意図ではなくて相手を理解しながら自分の話を正直に話します。


そうすれば、相手もあなたの話を落ち着いて聞いてくれます。

相手が「あ、自分の事を理解してくれたな。それなら話を聞いてみよう」と満足すれば人は自由に気持ちをコントロールでき始めるからです。


意識の仕組みを理解し、自分自身が経験していけば、どんどんこのような事がわかってきます。


お互いにお互いの理解を深めると、物事に見方に幅が増えます。気持ちに余裕が生まれます。お互いに変なストレスが減ります。相手に対する怒りという気持ちから今度は理解しようという気持ちにシフトするからです。














まとめ

*コミュニケーションが大切なのは、違う意見の時に一歩踏み込んで話しを聞き、自分の話をすることである。


参考本:プライベートレッスン


アバター®コースの申し込み、体験談シェア、問い合わせ⇒問い合わせ

*******************

・日本で開催されたGWでのアバター®コース

https://youtu.be/S1q25QOmsHY

・アメリカで開催されたアバター®コース

https://youtu.be/Mj2Fk_1X-6w

***********************